トイレの水漏れの原因と修理

トイレの水漏れの原因と修理 ほとんどの人が1日に数回、トイレを使用しています。普段何気なく使っていると、トイレが壊れるようなことはイメージできない人も多いかもしれません。確かにそれほど頻度は多くないですが、トイレが壊れることはあります。
その中でも多くトラブルの報告がされているのが水漏れです。トイレの床が濡れていたり、ポタポタと水の垂れるような音がしたりといった症状が出て水漏れに気づくパターンが多いです。トイレの水漏れはまず何が原因かを特定することが大事です。その上で修理するなり、便器本体などを交換するなりといった対策を講じる必要があります。

■接続部で発生している場合が多い

トイレの水漏れで修理を業者に依頼した場合、多いパターンが接続部分で漏れ出している事例です。なぜ接続部分で水が出てしまっているのかについては、パッキンが劣化している、もしくはナットの緩みが原因と考えられます。パッキンはゴムで作られているので、どうしても年数が経過すると当初の弾力性が失われ、硬くなってしまいます。その結果、ぴったりと密着できなくなって隙間が発生し、そこから管の中を走っている水が漏れてしまいます。ナットの緩みについては、レンチなどの工具を持っていれば、素人の方でも十分対処できます。
その他にはひび割れが発生して、その亀裂箇所から漏れ出すという事例も見られます。

■本体が濡れている場合には注意が必要
便器本体が濡れている場合には、何らかの破損が起きている可能性も出てきます。便器は陶器で作られているので、何かが強くぶつかったときなどにひび割れが発生して、その割れ目から水が出てきてしまうことがあります。通常頑丈に作られているため、多少何かをぶつけてもひび割れや欠けが起きることはまず考えにくいですが、非常に強い衝撃を受けた場合には、割れる可能性はあります。
その他には本体と床から水が染み出しているような水漏れトラブルも見受けられます。もし築年数がさほど経過していない、便器を設置してまだ間もないのであれば、設置不良の可能性があります。この場合には施工業者を呼んで作業に問題はなかったか確認してもらい、必要に応じて修理を依頼した方がいいです。設置に問題がないようであれば、排水パイプをつなぐフランジパテの劣化が関係している場合もあります。

■ウォシュレットそのものが故障している

近年商業施設やオフィスだけでなく、一般家屋のトイレでもウォシュレットを導入している家庭も多くなっています。ウォシュレットがあると、用を足した後も清潔に保てますし、トイレットペーパーの浪費も防げるので経済的です。しかしこのウォシュレットで何らかの不具合が発生していると、水漏れを引き起こす原因になることがあります。
例えば水の流れるパイプのどこかに破損があって穴が空いている、もしくはスイッチ類などの機器の故障によって、コントロールできなくなっていることが関係しているかもしれません。ウォシュレットは精密機械の一種です。このため専門業者に細かく精査してもらって、適切な修理をお願いするのが一般的です。

■まとめ
トイレ 水漏れが発生すると、焦ってどうしたらいいかわからなくなるかもしれませんが、パッキンの劣化やナットの緩みなどが原因であればホームセンターなどで部品や工具を買ってきて自分で修理することも可能です。ただし、便器本体のトラブルは素人では修理できないことも多いので、速やかに業者を呼んで原因を調査したうえで修理をお願いするほうが安全です。特にウォシュレットトイレは電気が関係してきますので、無理に自分で作業しようとすると返って被害が拡大してしまう危険性があります。少しでも不安な場合は専門業者の力を借りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース